2006/10/28

工場研修(株式会社坂本電機製作所)編 10/27

■株式会社 坂本電機製作所
受入のスケジュールをわざわざ組んでいただき、ここでも内容の濃い見学・研修が出来ました。

2000年10月からのキックオフで現在徹底した3S(整理・整頓・清掃)活動を行っています。
坂本電機製作所さんの3S活動は目に見張るものがありました。

3S活動中
SPS標語.jpg 坂本社長様.jpg
坂本社長より話していただきました。

製品棚.jpg
通常の棚の後ろを1段上げて中が見やすくなっています。
お金を掛けず、アイデアーを出し合いながら、出来ることは自分たちでやっているとのことでした。

社長用環境整備ツール.jpg
社長室にあった、社長専用「環境整備ツール」
社長自ら率先垂範です。

1.キャスター化
棚・机などほとんどのものがキャスター付きになっている。
掃除がし易いように、配置換えがし易いように、このキャスターが意外なところで役に立ったそうです。・・・それは昨年の福岡県西方沖地震の時に、このキャスターがあったために適度に動いて倒れなかったそうです。
このように、棚やキャスター付きにするために、業者には依頼しないで手作りを心がけて安くしているとのこと。

2.清掃
くつ洗い機が置いてありました。これは外の汚れを多少なりとも落として社内に入るようにするためとのことです。
階段や廊下にも、ゴミが落ちていた時に取ることが出来るように要所要所にポストイットと歯ブラシを置いて、ゴミに気が付けば拾えるようにしてありました。
要するに気付くか、、、そして気付いたらすぐするどうかです。
くつ洗い機.jpg 階段設置用具.jpg

3.共有事務用品
面白かったのが、廊下に共有文具保管の棚で、不要になったロッカーを横にして使っていました。(これもアイデアーですね。)
文房具一つひとつに対して、品物名と残り何個(枚)で発注数何個(枚)と明記しています。まるで文具屋の在庫管理のようにしていました。
文具保管.jpg

4.立ち机化
それと、ビックリしたのが各机の「立ち机化」。
立てって丁度良くなる高さに調整できるように机の下を上げ加工していました。
これは、作業場、経理、総務、営業、社長と職種/役職の隔てなく全ての机を立って仕事が出来るようにしたものです。ようするに座るイスを除いています。
これにより効率アップしたそうです。
疲れませんか~との質問に、、、「慣れですね!」の回答。
もう、ごく自然に立って机仕事していました、、、すごい!
立ち机化.jpg

5.表示・標識の徹底
ほとんどの物に名札を取りつけている。
例えば・・・コピー機、作業内容、作業者名、コンセント(電圧)、蛍光灯スイッチなど。
会議室に壁掛け時計があったのですが、それにも「時計」の名札が・・・
『目で見せることに因る意識付け』
蛍光灯SW.jpg

6.外来者を積極的に受入
この外からの目を利用して、外からの刺激で社内レベルアップをしている。
『見られることに因る意識付け』

本当に充実した研修を受けることが出来ました!
忙しい時間を割いて、工場見学など段取りをして頂いた「ふくや」さん、「坂本電機製作所」さんに感謝します。

 
-------------------------------------------------
□『お客様からの視点での物作り』をめざしています。□■

(株)宮内電機 
〒760-0078 高松市今里町1-23-27
TEL 087-833-1101  FAX 087-862-3933
http://www.miyauchi-e.com
-------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工場研修(株式会社ふくや)編 10/27

10月27日~28日で銀行の異業種交流会での研修旅行に九州へ行き、2工場の「工場研修」をして来ました。

■株式会社 ふくや
明太子で有名な「ふくや」さんでの工場見学。
川原社長様からのレクチャーを受けることが出来ました。
「生かされている~社会に役立つこと、ブランド戦略について」

現在180億円売上、その内NET販売は8億(このNET販売をもっと伸ばして行くそうです。)
現金仕入・現金販売=これが基本とのこと。
より良いものを より安く →値引き販売はしない
明太子は中洲市場から発祥、創始者の「川原俊夫」が戦前韓国釜山に住み、そこで食していたタラコのキムチが忘れられず再現したもの⇒明太子と名付けた。
山陽新幹線が開通してから明太子は口コミで広がっていった。
出来た当初・・他の業者に原材料の仕入方~作り方まで教えたそうです。
そうしたことで独占にならず、かえって広まっていったとのこと。

明太子の作業工程は、
原料(タラコ)→タラコの選別→からしなど調味液に漬込み・熟成→その後計量・パッキング→包装・配送。これは意外でしたが、加工といっても、調味液に漬け込み熟成するだけのいたって簡単工程でした。

川原社長様.jpg
川原社長様よりのレクチャー中

商品を選んでくれるのは→「お客様」
元祖「明太子」・・と書けばいいのにそれをやらない。なぜ?
そう書けば「美味く」なるのか?味で勝負なので今だに書いていない。

仕事は学ぼうという気がなければ・・・身に付かない。
社員さんを個々に成長できるように育てています。
接客=言葉ではなく気持です。
新卒は3日間の商品知識で店に立たせている。
店頭マニュアルはなし、「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」
これを身を持って体験させる。

お客様を満足させる→から→「お客様が満足できる」の意識に現在なっている。

社員たちの感性を高める。
日常生活とは違う非日常生活の中で感じるようにする。
すごく社員教育に力を入れている会社でした。

さあ~お待ちかねの・・・試食タイム!
明太子試食.jpg 明太子試食中.jpg
美味かったです!


-------------------------------------------------
□『お客様からの視点での物作り』をめざしています。□■

(株)宮内電機 
〒760-0078 高松市今里町1-23-27
TEL 087-833-1101  FAX 087-862-3933
http://www.miyauchi-e.com
-------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)